トヨタ 新型プリウス 2015

トヨタ 新型プリウス 2015年秋頃に発売予定です。
今から本当に楽しみです!

燃費は40km/L以上になると言われています。
サイズの大きいプリウスがアクアの燃費を上回れば、すごいですね。

価格は、現行と大きくかわらない、
約220万円~350万円になるといわれています。

新開発のプラットフォームを採用することによって、
現行モデルよりも広い室内空間になるのも嬉しいです。

現行モデルから大幅な進化を果たしての登場になるので、
人気も高くなりそうで、購入する際は残念ながら、大幅な値引きが難しそうです。

そこで、最大の値引き額を引き出すコツと、
さらにそれ以上に費用が安くなる方法を紹介します♪


トヨタ 新型プリウスを最大限に値引きする方法をまとめると
・複数店舗をまわる
・自分の車の下取りをする見積もり、下取りなしの見積もりを両方だしてもらう
・下取りなしでの最大値引き額をしる
・自分の車の下取りは、ネットで査定してもらい最大額で下取りをしてもらう、
もしくは自分の車の下取りの最大額を利用して、ディーラーと交渉する。

地道ですが、自分に残るお金が50万以上違うこともあるので、ぜひ実践しましょう♪

愛車の査定はこちらがおすすめ
↓↓↓
かんたん車査定ガイド

たった1分ででき、しかも無料でできます。
ちなみに友人は、ディーラーでは廃車扱いだった、15万km越えの車に、
なんと70万円の価格がつきました。

新車購入資金も随分楽になることでしょう。





トヨタ 新型プリウス 2015もよいですが、最近興味があるのが、ランドクルーザープラドです。エアロスタビライジングフィン
ドアミラー付け根部とリヤコンビネーションランプサイド部に小さなフィンを設置。気流にあえて小さな渦を発生させることで車体を左右から押さえつけ、優れた操縦安定性を実現しています。スーパーUVカットガラス(フロントドアガラス)
フロントドアガラスに紫外線を約99%カット*1するスーパーUVカットガラスを採用。直射日光による肌への刺激を軽減します。
*1.トヨタ自動車(株)調べ。スマートエントリー&スタートシステム
スマートキーを携帯していれば、フロントドアハンドルを軽く握るだけで解錠、ドアハンドルのタッチセンサーに触れるだけで施錠が行えます。また、ブレーキを踏みながらエンジンスイッチを押すだけでエンジンが始動。バックドアの施錠・解錠、ガラスハッチの解錠はスイッチ操作で行えます。
注意:植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波により医用電気機器に影響を及ぼすおそれがありますので、車両に搭載された発信機から約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーを近づけないようにしてください。電波発信を停止することもできますので販売店にご相談ください。盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム+オートアラーム)
正規キー以外ではエンジンが始動せず、不正なドア開けには警告音を発します。G-Security*2のアラーム通知機能にも対応しています。
*2.G-BOOK mX Proの契約が必要です。
トヨタ 新型プリウス 2015もよいですが、最近興味があるのが、ランドクルーザープラドです。セルフパワーサイレン
車両バッテリーの取り外しなどにより電源がカットされた場合にも、サイレンに内蔵されたバッテリーにより起動。警報を発します。マルチテレインモニター
オフロード走行時に、車両周囲の状況確認を4つのカメラでサポートするシステムです。ラジエーターグリル・ドアミラー(左右)・バックドアガーニッシュ各部に搭載したカメラでとらえた映像を、ステアリングのマルチインフォメーションスイッチで切り替えることにより、ドライバーの死角になりやすい車両周囲6エリアの路面状況を確認できます。オフロードのみでなく、日常(駐車時の幅寄せなど)においても活躍します。
[TZ-G、TZ、TX“Lパッケージ”にメーカーオプション]LEDヘッドランプ(ロービーム<オートレベリング機能付>)、
LEDクリアランスランプ<デイライト>+ヘッドランプクリーナー付
ロービームとクリアランスランプに、消費電力の少ないLEDヘッドランプを採用。またクリアランスランプには、新たにデイライトを採用し、被視認性をさらに高めています。
[TZ-G、TZに標準装備。TX“Lパッケージ”、TXにメーカーオプション]
トヨタ 新型プリウス 2015もよいですが、最近興味があるのが、ランドクルーザープラドです。ハロゲンヘッドランプ、リヤフォグランプ
インパネに配置された光軸調整用ヘッドランプレベリングスイッチにより、車両の状態に合わせて照射角を手動で調整できます。
[TX“Lパッケージ”、TXに標準装備(リヤフォグランプは全車メーカーオプション)]緊急ストップランプ
急ブレーキをかけると、ストップランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性を低減します。プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)
先行車・路上障害物・対向車などとの衝突の可能性があると判断した場合、ブザー等によりドライバーに警報。ブレーキ操作があった場合には、プリクラッシュブレーキアシストを機能させて制動力を高めます。また、ショックアブソーバーの減衰力を最適に制御します。衝突が避けられないと判断した場合には、ブレーキ操作がない場合でもプリクラッシュブレーキを作動させて衝突速度を低減させるとともに、プリクラッシュシートベルトの早期巻き取りによりプリテンショナーの効果を高め、衝突被害軽減に寄与します。
[TZ-Gにメーカーオプション]



トヨタ 新型プリウス 2015もよいですが、最近興味があるのが、アコードハイブリッドです。前走車・対向車との衝突回避を支援する
「衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉+E-プリテンショナー」EX専用装備
雨や霧にも強いミリ波レーダーで車両等を検知。5km/hからの作動速度域で衝突の危険がある場合、表示や音、運転席シートベルトの引き込みで警報し、さらに接近すると自動で強いブレーキをかけつつ前席シートベルトを強く引き込み、衝突回避や被害軽減を図る「CMBS」。前走車のほか、新たに対向車まで作動範囲を広げるとともに、ステアリングによる回避操作をアシストする機能も加えた。前走車を自動で追従して、クルーズ時の疲労を軽減
ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)EX専用装備
フロントグリル内に設けた、耐候性に優れるミリ波レーダーにより、前方120m、角度20度の範囲で前走車との距離を測定。さらに、車速センサーなどによって自車の走行状態を検出。通常のクルーズコントロール同様、設定した速度を保つ走行のほか、同一車線に前走車がない場合には、設定車速を維持し、前走車がある場合には、設定車速の範囲内で自動で適切な車間距離を保つように支援。高速道路走行時などでアクセル操作の頻度を減らし、脚の疲れを軽減する。
トヨタ 新型プリウス 2015もよいですが、最近興味があるのが、アコードハイブリッドです。車線に合わせてステアリング操作をアシスト
LKAS(車線維持支援システム)EX専用装備
高速走行時、フロントウインドウ上部内側に設けたカメラが捉えた画像をもとに、車線を認識。車線に沿って走れるようEPS(電動パワーステアリング)に適切なトルクを発生させハンドル操作をアシスト。また、車線から逸脱する可能性がある際には、警報によりドライバーに注意を促し、長時間ドライブなどでの腕や肩の疲労を軽減する。時速65km以上、直線路から半径230m以上の曲線路で作動するため、ほとんどの高速道路での使用が可能。
(規制速度を超えると、半径230m以上のコーナーでも作動しないことがあります。)雨の日のカーブや障害物を避けた後に起こりがちな
横すべりを抑える「VSA」
ブレーキ時の車輪ロックを防ぐEBD付ABS、加速時などでの車輪空転を抑えるTCS、旋回時の横すべり抑制。これら3つの機能をトータルに制御し、クルマの急激な挙動変化を抑え、運転にゆとりをもたらす。VSA=Vehicle Stability Assist(車両挙動安定化制御システム)
EBD:電子制御制動力配分システム
ABS:4輪アンチロックブレーキシステム
TCS:トラクションコントロールシステム
トヨタ 新型プリウス 2015もよいですが、最近興味があるのが、アコードハイブリッドです。瞬時に最大光量、
安心の視界を確保するLEDヘッドライト(ロービーム)
点灯の瞬間から最大光量を発揮し、配光性にも優れ、夜間や悪天候時のほか、突然暗くなるトンネルなどでの安心感を高める。さらに、35km/h以下で走行中、ウインカー操作やステアリング操作に連動して曲がる方向の内側を照射し、歩行者などを見やすくすることで安心感を高めるアクティブコーナリングライトも採用。相手車両や歩行者の安全まで視野に入れた
衝突安全設計ボディ
衝突時の衝撃(G)を制御する独自の安全技術「G-CON」により、自らはもちろん、相手車両、歩行者へのダメージも軽減する 骨格を実現。また、歩行者の脚部などへの傷害軽減にも独自の基準を設け取り組んでいる。万一追突された際に、首への傷害を
積極的に軽減するフロントシート
後方から低速で追突された際に、ヘッドレストを前傾させて適切な位置へ移動させることで、首への負担を軽減する頚部衝撃緩和フロントシート(前後調節機構付ヘッドレスト付)を採用している。